ドッグフード 残す

ドッグフードを愛犬が残してしまうのはなぜ?その原因は?

愛犬にとってはご飯を食べる時間がとても楽しみ
でも、その愛犬がドッグフードを残してしまった
えっ?どうしてって思いますよね

その原因について調べていた

このページの目次

残す原因

体調不良
犬が体調不良になると一番影響されるのが胃腸
そんな胃腸の働きが悪くなると食欲が減退してしまい結果的に
ドッグフードを残してしまうケースが多くなってしまいます

 

加齢

愛犬が年齢を重ねるうえで、特に
おじいちゃん犬になると、食欲が若いころよりも少なくなります
そのため、若いころと同じ量を与えると残してしまう可能性があります

 

量が多い、合わない

ドッグフードを犬に与えるうえで
食べれる量はその犬ごとに決まってます
その量を多い場合犬は食べきれません
また、味が合わないなどの趣向に合わないと
犬はドッグフードを残すケースもあります

 

犬の食事の後の歯周病ケアにはドクターワンデルが最適です
詳しくはこちらをご覧ください